06/03/14

■石井細明朝体

この前の文章はなんか支離滅裂。ケータイからだとどうもダメみたい。それに「新ゴシリーズ」ではなくて「新ゴファミリー」で、写研はまだ健在だと思うから過去形は間違いかな? ま、焦らずちゃんと読み返してから送信しますです。

では、好きな書体の続きを。。。
石井明朝体ファミリーの美しさに先ず、ひらがな・カタカナの美しさがあげられますね。モリサワのリュウミンのまとまり感も本文組にはいいのですが、見出しで使うとやはり「はらい」とかが無理をしていたり、全体的に、並びを意識し過ぎていてノビがなかったり、明朝体の良さである「優雅さ」に欠けるんですよ。石井明朝体と比べちゃうと。。。あとこれはフォントになった和文書体全般にいえるんだけど、ディティールが美しくないと思う。そうでないフォントも稀にあるんだけど(例えばカタオカデザインワークスの丸ミンオールドとか)、ほとんどの書体はツメが甘いように思う。いやこれはやはり好みの問題なのかな? それにそこまで言えるほどの腕も根性も自分にはないから、マイナス思考バリバリでけなすことなんてやめよっと。自分が惨めになるだけだしね。。。
話が緩やかにズレちゃったのでフィードバックして、石井明朝体ファミリー(特にL-OKL、M-OKL)の良さをあげると、ノビの美しさ。抜群なプロポーション。絶妙な間合い。そして組んだ時のバランスや美しさ。とほとんど隙がない美しさ。本当にすばらしい。
でも時代というのは恐いもので、こんなに良いと思っている書体でも、うまく使わないと「古さ」が出てしまうんですよね。。。
なのでいつか石井明朝体をリスペクトしたオリジナルフォントを作ってみたい。それには、腕と根性をつけないと。。。


* * *

NET-DTP SHINKA
http://www.net-dtp.com/

石井明朝体はこのサイトで見れます。人気書体サンプルの項目をクリックして探してね。また、写研も含めた膨大な数の書体を選んでアウトライン化(epsデータ化)してくれます。筆文字もオーダーできるようです。


posted by KATAYAMAC at 01:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | Font
■ この記事へのコメント
■ コメントを書く
Name:

Mail Adress:

URL:

Comment:

■ この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。