12/10/01

■ 掴めない感触

AkinoFuku.gif
Font : COM4t Nuvu Regular



P1014705.jpg
Akino Fuku Art Museum #01



前回ここに書いたのが5月初旬。それから5ヶ月も更新が途絶えてしまった。。。
ブログを長年やっている方はわかると思うが、こうした放置プレイは良くあることである。ことツイッターやフェイスブックが出現してからはさらにブログの放置プレイが多くなったのではないだろうか。みんなSNSに書き込むあまり、自分のブログに書き込むことがなくなってくるのだと思う。かくいう私もそのひとりで、最近はツイッターやインスタグラムに投稿して、それだけで自分の気持ちを放出して満足していた。
それともうひとつ理由があって、今年になってから和文書体の作成を本格的に取りかかっていて、気持ちがこの書体一辺倒になり、ブログの存在を本気で忘れてしまっていたのも相まって、ブログを5ヶ月も放置してしまっていた。。。
「これからはこのようなことはないようにします。」
と言いたいところだが、たぶんそれは約束できないだろう(笑)。
また逆に急に更新頻度が上がる可能性だってある(笑)。
この気まぐれな私がやることだから。。。


* * *


さて、放置プレイの言い訳を長々と書いたところで本題に。
まだ暑い夏が来る前の5月27日に、
浜松市天竜区にある「秋野不矩美術館」へ行ってきた。

この「秋野不矩美術館」を設計したのは、藤森照信氏と内田祥士氏。
藤森照信氏のことは、どこの本屋へ行っても必ず建築コーナーには藤森照信氏の名前を見ることになるので、建築に関心のある方は見たことがあるだろう。写真を見る限り私がこれまで見てきた建築物とはあまりにも違い、カテゴライズしにくい建築物だと思っていた。またいつかは実物を見てみたい、体感してみたいとも思っていた。それがようやく彼の傑作であると言われる「秋野不矩美術館」へ行くことができた。


続きを読む
posted by KATAYAMAC at 22:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | Architecture
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。