09/10/12

■ 気が変わった件について

Drify_FreeFromBuy.gif
New Free Font."COM4t Drify Light" is Reseased!



このエントリーを読みかえしていたら、そういえばBuy FontとしてこのLightも売り出すつもりでいたんだった。

なぜ「Buy FontではなくFree Fontにしたか」の件について語っておきますと、いつも新しいフォントを作成している時はどのフォントも売り出すつもりで作ってるんですよね。というか売ってもいいぐらいのフォントを開発してるんだという気持ちで。。。

いつかはBuy Fontとしてプロ仕様にして販売したいので、その時の宣伝フォントとしてこのCOM4t Drify Lightもフリーで配布することにしました。このLightや、他のウェイトのRegular、Bold、そしてそれぞれのItalicが揃ったファミリー書体「COM4t Drify Pro」が完成したら、新しくFFFのBuy Font Siteを作ろうとたくらんでおります。Huhuhu

今のところ、販売するためにプロ仕様にして
ファミリーを作成しているフォントは、

■ COM4t Fine Pro
■ COM4t Sans Pro
■ COM4t Nuvu Pro
■ COM4t Ongac Pro
■ COM4t Drify Pro
■ COM4t Familian Pro
■ コムフォート SOU (仮)和文書体

です。あぁ、すべて完成できるのはいつになることやら。。。
途方に暮れてタメ息が出そうだけど、
なぜか目だけはギラギラ。
これからも焦らず、しっかりと歩んでいきます。

進むべき道があるのは嬉しい。けれど苦しい。だから楽しい。
posted by KATAYAMAC at 01:13 | Comment(1) | TrackBack(0) | Font

09/10/07

■ About New Font...

Drify-images.jpg
New Free Font. "COM4t Drify Light"(Now on Resease!)


この忙しい最中にニューフォント「"COM4t Drify Light"」をリリース!

もうこの書体については過去に書いたので、このエントリーを読んでいただければと思います。

この書体が完成してCOM4t(FFF)にアップしようと作業していたら、ふと「この書体ってそういえば、自分がフォントをつくろうとなんとなく決意して作りはじめた、最初の書体だったなぁ」と思い出し、最初のデータってFont作成作業用MacG3のあのフォルダにあったような。。。と見てみたら、Illustrator 3.2のアイコンで残ってました。なんかそれ見てたら当時の事を思い出して嬉しくなっちゃって。

これを作りはじめた時は、たぶんMacIIciでIllustrator 1.9.3の頃だったと思うんだけど、それからQuadraになって3.2にいきなりバージョンアップして、、、それからは忘れてしまった。この頃は当時勤めていたデザイン事務所で、仕事の合間をぬってこっそり作ってなぁ。今は自宅のPowerBookG4で未だにIllustrator 8.0.1で作業しているケド、タイプフェイス作る時に必要なソフトの機能ってIllustrator 1.9.3で事足りるんだよね。というか進歩してないんだよなぁ。。。でも1.9.3の頃ってプレビュー状態で作業できないんだよね。アートワークで作業して、コマンド"Y"でプレビューするといった具合に。。。あの頃がなつかしいッス。

と、「ニューフォントについて」ではなく、単に昔をなつかしむオヤジのたわごとでした。ahahahah

あ! 画像はIllustratorの起動画面のヴィーナス誕生。CSになる前はコレが起動画面でした。
posted by KATAYAMAC at 22:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | Font
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。