08/04/25

■ モーニング・グロウ

P4091753.jpg
Morning Glow. 08/04/09

タバコを買いに行こうと思い、外を出たら朝焼けがキレイだったので、カメラを取りにまた家に戻り近所の自販機へ。なんか夕焼けみたいなシャシンになっちゃったけど気持ちのいい朝だった。

あ〜、taspoの申し込みめんどくちゃいなぁ。ヤダにゃぁ〜。煙モクモク。
http://www.taspo.jp/
posted by KATAYAMAC at 15:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary

08/04/19

■ フィルター

P3061584.jpg
Gullscape in the Nagoya port. 08/03/21.

新しいフィルターがほしい。もうこのフィルターは飽きた。
でも過去の自分を壊し、新しい世界を作り上げた故エットーレ・ソットサスのような強い意思はないと、どこかであきらめている。

大したことも成し遂げていない野郎がこんなことを言っていてもしょうがないのだが。

ただ世界を変えたい。フィルターを変えれば見方は変わる。
posted by KATAYAMAC at 19:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary

08/04/14

■ ニューフォントのロジック(というかひとりごと)

P3281673.jpg
The "COM4t Nuvu regular" is release!

この前リリースした、コムフォート ヌーヴ レギュラーについて。
このフォントは元々「Naturalism Caslon」というフォント名で20年くらい前に作成していて、途中で行き詰まりほったらかしにしていた書体でした。その時に考えていたのは、自然界(草木)のラインで構成され、ローマン体でありながらスクリプト体のように流れがあって小文字が繋がりがある組版ができ、なおかつ気品のあるアールヌーヴォー調のような書体を作りたいと、かなり欲張りで作る前からコンセプトを持った、ある意味「いやらしい」書体でした。名前からして良くないしね。キャスロン体でもなんでもないのに響きだけでつけてるし。ははは。
まぁ名前はあとから変えられるからいいとして、一番の原因はロゴタイプを作成していくプロセスを辿ってしまったために、自分の中でコンセプト負けしてしまったんですね。

ロゴタイプを考えていくプロセスと、フォントを考えていくプロセスは違うと思うんですね。たぶん、優先する順位が。。。未だに今のボクには「答は空の上」なのですが、長年細々とグラフィックデザイナーをやってきて、そう感じてきているんです。あ、「答は空の上」は、この前のエントリーに書いたYUKIちゃんのプリズムに出てくるリリック参照。いい歌だね。人生になにかしら迷いがある人に聞いてもらいたい曲です。

その話は置いといてぇー。話をフィードバックしますと、ロゴタイプの場合はその一社のイメージを固定したいから、できる限りコンセプトを立てて考えていくロジックなのですが、フォントはいろんな場面でも使えるようにした方が良いと思うんですよ。その方が使う側の人に取っ付きやすいというか。あまりにイメージが偏っているとそのイメージにしか使えない書体になってしまうから。だからまずはどんなカタチの文字にするかを考え、組んだ印象であったり一文字のカタチといった「目に見える形」だけを追います。そのあとにイメージが出来上がっていくというか、作りあげていくというか。いやらしくない程度にね。

でもまぁ、ロゴタイプのロジックもアリなのかな? これほど沢山のフォントが出回っている昨今、そんなピンポイントなイメージのタイプフェイスもあっていいのかもしれない。そのやり方を良い悪いなんてことは誰も決められない。それは個人の趣味の問題なのかも。これを書きながら考えてみて「答は空の上」ではなくなったのかもしれない。。。

まぁそんなひとりごとでした!

最後にこのフォント名の由来はなにもありません!ただ響きだけでつけました。あと交わる部分をすべてアールにして優しいイメージに。また“g”や“f”のようなアーム部(であってる?)を内と外のアールを逆にし、削ったような面白みと足しました。あとは大文字だけで組むことを前提にしていないかもしれません。始めに書いたスクリプト体の要素が抜けきれてないです。でも逆に考えれば、大文字だけで組むと変わった印象の文字組になると思います。

いろいろ書きましたが、使っていただく方々には何も考えずにパッと見で選んでもらって、楽しんで使ってもらえれば、もうそれだけでウレシイです! ご自分の感性でいろんな場面で使ってやってください!
posted by KATAYAMAC at 04:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | Font

08/04/09

■ 咲くのは光の輪

P4041748.jpg

あなたは今もしかめ面で 幸せでしょうか? 
愛してくれる 優しい人 みつかるといいね

P4041745.jpg

花咲く丘まで 口笛吹いてこう 喜びを抱いて 見果てぬ空の上
咲くのは 光の輪 高鳴るは 胸の鼓動


* * *


この前、仕事である場所へ行った帰りに、鶴舞公園のそばにある八幡山古墳へ桜を撮りに。これでサクラオンパレードブログになりやした。
まぁ春だしね。テキトーだしね。
いつもMD聞きながら撮ってるんだけど、その時に聞いてたのがYUKIちゃんの「プリズム」。乙女チックにそのリリックを抜粋してみやした。なきゃなきゃ景色とサウンドがシンクロしてて良かったッス。

咲くにょは〜ぁ♪ ひきゃりのっんうわぁ〜♪ 

http://www.youtube.com/watch?v=G9ZpnFeEDT0
posted by KATAYAMAC at 04:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | Music

08/04/04

■ カメラとサクラと笑顔と

P3291720.jpg
桜並木をはさむように流れる黒川。

P3291715.jpg
この黒川は人工的に作られた、比較的キレイな川だ。

P3291725.jpg
桃色に埋め尽くされた光景。

P3291721.jpg
私のようなアマチュアカメラマンの方が大勢いた。

P3291731.jpg
帰り道に見つけたショット。ガラス越しに見えるのは、名鉄の高架下に咲く桜。

* * *

この黒川駅近くに咲く桜並木は比較的年齢層が高い印象を受けた。ふと見渡せば皆笑顔がこぼれ、幸せ感漂う情景だった。

ボクと同じオリンパスを持つ知らないお父さんに声をかけられ、少しだけカメラ談義に花咲いた。お父さんが持っていたのがE-300でレンズがボクと同じズイコーの14-45mmだったので、えらく自分が持っているカメラの性能を気にしていたが「このE-500は中古だし」と、慰めにもならないことを言ったが、咄嗟にうまい返しをするというのはなかなか難しい。二人で今度出るE-420の話をして笑顔で別れた。カメラひとつで世代を越えて話ができるというのはいいものだ。
posted by KATAYAMAC at 08:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary

08/04/02

■ 朝とチェリーと自転車と

P3291677.jpg
家の近くの公園で。たぶん7時ぐらいに撮ったと思う。朝日がまぶしい。

P3291689.jpg
名古屋城のお堀で。ジョギングする人やアマチュアカメランの方達がちらほらと。

P3291704.jpg
名城公園から望む名古屋城。もうこの頃にはたくさんの花見客が。

P3291705.jpg
朝からスケッチしてる女性も。この方自身が絵になっていた。

P3291712.jpg
名城公園の池に移るサクラ。老夫婦に写真を撮ってくださいとお願いされ、1枚撮ってあげた。すごく仲の良いご夫婦で桜と笑顔がマッチしていた。

* * *

この前の土曜日(3/29)に、午前中は晴れるとの予報をだったので、カメラ片手に写真散歩へ。
家を6時ぐらいに出て、近所の公園→名古屋城→名城公園→黒川と自転車で駆け巡る。まだ満開ではなかったが、青空と桜色とのコントラストが撮れて満足。空気が澄んで気持ちの良い朝だった。

黒川のシャシンはまた今度アップします。
posted by KATAYAMAC at 19:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。