08/02/29

■ New Font 作成中

C4tDrify-L_image01.jpg
COM4t Drify Light image Sample (Under construction)

A new font is being made.
It is thought that this font is sold as not a free font but Buy font.
Please wait for a while...



やっぱりちょっとはデザイナーブログの様相にしていかなきゃイケナイと思いはじめたので、デザインについて偉そうに語るのは次回にまわして、タイプフェイスデザイナーも名乗っているので、今回は今作成中のフォントの話なんぞを。

今はフリーフォントのみの配布を別ブログでやってますが、以前はシェアウエアフォントとして売ってたりもしてたんです。それでその時に売っていたフォントをもう一度復活させたいと思い、今ブラッシュアップをしながら作成中です。以前のフォント名「Drift Roman」は、キーボード上にあるキャラクターのみだったのですが、今回は「COM4t Drify Light」に名称を変え、ディフソングやリガチャー(合字)、そしてアクサン(アルファベットの上に付く符号)などを加えて、プロ仕様にして売り出そうかと思ってます。まずはこの書体を作成していく上で基本となったLightから販売していきますが、後々Regular、Bold、そしてそれぞれのitalicを作成し、販売していきます。

現段階はやっとすべてのキャラクターを作成・微調整し、フォントグラファーというソフトに落とし込むところまできました。さぁ、これからが今までのフリーフォントと違うところで、文字間のツメを一文字づつ調整していきます。これがなかなか大変で、どの文字が隣り合ってもキレイな文字間に見えるようにするのは、完璧には無理だとわかっていながら作業するのがツライのであります。でもあきらめません。誰が組んでもキレイな文字組をしてほしいから。

あのタイプフェイスデザイナー界で有名な小林章さんが、(2007年 小林章欧文タイプ・セミナー「実践アルファベット!」)というセミナーの中で、高岡昌生さんという方がよく例えに出していた話をされていて、これがすごくうまい喩え方をされていたので引用させていただきます。

>私(書体デザイナー)は一生懸命良いお米を作るお百姓さんです。それを使って料理をするのが板前さん(デザイナー)です。すし飯をつくるのにどのくらいの硬さでご飯を炊くか、というようなことです。ベトベトのすし飯を炊いたら、お客さんは離れていくかもしれない。ご飯の炊き加減の見極めと、それでお店が繁盛するかどうかは板前さんにかかっています。ただし、お米は必ずすし飯になるわけじゃない。

と言っておられました。私の書体もそうあるべきだし、そうありたい。
板前さんにおいしいすしを握ってもらいたいし、洋食屋さんのシェフにもすばらしいお米という素材を提供したいし、または毎日の献立を考えて家族においしいごはんを作っている主婦の方々にも。その様々な環境に適合させるには、この文字間のツメにはこだわらないとイケナイのです。これからが長い長い書体との戦いになりますが頑張ります。

* * *

2007年 小林章欧文タイプ・セミナー「実践アルファベット!」
http://www.tdctokyo.org/news/07kobayashi_01.html
posted by KATAYAMAC at 20:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | Font

08/02/26

■ ジョージ...ON MY MIND


sakusaku 050914 みんなでうたおうZ 〜吉祥寺のうた〜


フツウにいい歌だぁ〜。黒幕さんホントにご当地ソングの天才だよ。
たぶんこの方、ボクと歳近いと思われます。だって子供の頃にミクロマン買いに行くとか歌ってるもん。自分もミクロマンで良く遊んだなぁ。若い方にはなんの話だかわかんないと思うので、ググって見ましたところ出てきました。
http://www.edit.ne.jp/%7Esashida/MICROMAN/m101.html
ひやぁ〜鬼なつかし〜。

まぁその話は置いといて、このうたは黒幕さんのマイタウン吉祥寺(ホントは三鷹)を歌ってるんだけど、なぜか自分のふるさとマイタウンのうたのような気分にさせられるワケですよ。何気に目頭が熱くなったりなんかしちゃったりしてね。ま、徳光さんに負けないくらい涙もろいんで、どうでもいいんですけど。

知らない人のために書いておきますと、これはテレビ神奈川で制作されてる「sakusaku」という音楽番組でして、その中で「みんなでうたおうZ」というコーナーがあって、この番組のディレクターさんがご当地ソングを毎週のごとく作って公開してるんですな。。。なんてジツはボクのマイタウン名古屋ではだいぶ前にテレビ愛知※での放送が打ち切りになってまして見れてないんすよ。だからボクの今のたよりはYouTubeのみ!というかうpしてくれる心やさしい人のみなんすわ。こういうサクサカーもいるんでひとつお願いしたい(礼) テレビ神奈川さんにも(礼)よろしくですたい!

sakusaku オフィシャル・ホームページ
http://www.tvk-yokohama.com/saku2/

それにしてもデザイナーブログとは思えんようなエントリーばっか! 毎回文体もテンションも違うし。ま、どうでもいっか!

※テレビ愛知での放送と書きましたが、名古屋テレビの間違いでした。あと、ボクの安っすいブラウン管テレビでは、岐阜テレビも三重テレビも見れません。本当なら週一で見れるのに(泣)
posted by KATAYAMAC at 18:44 | Comment(1) | TrackBack(0) | Diary

08/02/19

■ What do you say?


Taking Chances - Celine Dion


-----------------------------------
Celine Dion - Taking Chances - Lyrics


Don't know much about your life.
Don't know much about your world, but
Don't want to be alone tonight,
On this planet they call earth.

You don't know about my past, and
I don't have a future figured out.
And maybe this is going too fast.
And maybe it's not meant to last,

But what do you say to taking chances,
What do you say to jumping off the edge?
Never knowing if there's solid ground below
Or hand to hold, or hell to pay,
What do you say,
What do you say?

I just want to start again,
And maybe you could show me how to try,
And maybe you could take me in,
Somewhere underneath your skin?

What do you say to taking chances,
What do you say to jumping off the edge?


Never knowing if there's solid ground below
Or hand to hold, or hell to pay,
What do you say,
What do you say?

And I had my heart beaten down,
But I always come back for more, yeah.
There’s nothing like love to pull you up,
When you’re laying down on the floor there.
So talk to me, talk to me,
Like lovers do.
Yeah walk with me, walk with me,
Like lovers do,
Like lovers do.

What do you say to taking chances,
What do you say to jumping off the edge?
Never knowing if there's solid ground below
Or hand to hold, or hell to pay,
What do you say,
What do you say?

Don’t know much about your life
And I don’t know much about your world.



-----------------------------------
Japanese translation


知っているわけじゃない
あなたの人生なんて
分っているわけじゃない
あなたの世界を
だけど、独りになりたくない
この夜、地球というこの惑星で

わたしの過去をあなたは知らない
わたしの未来はまだ見えない
速く進みすぎているかもしれないし
どのくらい続くかなんて分らない、だけど

あなたならどうする
この危険な賭け
あなたならどうする
崖っぷちから飛び降りること
硬い地面が広がっているかもしれないし
差し伸べられた手を見つけるかもしれない
最低な結果が待っているかも、わからない
あなたならどうする
あなたならどうする

ただもう一度やり直したいだけ
どうすればいいのか教えてくれるかしら
わたしを受け入れてくれるかしら
あなたの心のどこかで

あなたならどうする
この危険な賭け
あなたならどうする
崖っぷちから飛び降りること
硬い地面が広がっているかもしれないし
差し伸べられた手を見つけるかもしれない
最低な結果が待っているかも、わからない
あなたならどうする
あなたならどうする

わたしの心は痛み傷つき
それでも懲りずにわたしは戻るの
打ちのめされているあなたを
救えるのは愛だけ
だから、語りかけて
わたしに語りかけて
恋人たちがするように
歩いて、わたしと歩いて
恋人たちがするように
恋人たちのように

あなたならどうする
この危険な賭け
あなたならどうする
崖っぷちから飛び降りること
硬い地面が広がっているかもしれないし
差し伸べられた手を見つけるかもしれない
最低な結果が待っているかも、わからない
あなたならどうする
あなたならどうする

知っているわけじゃない
あなたの人生なんて
分っているわけじゃない
あなたの世界を


* * *


今年に入ってからずっと動画は懐かしのヒットソングになっていたので、ちょっとは新譜を貼付けたいと思ってはみたものの、ビミョーなズレが。。。昨年の11月にリリースされた、セリーヌディオンの新曲です。ちと遅いね。
和訳は以下のブログから拾ってきました。
http://helloimac3.blog11.fc2.com/blog-entry-1200.html


セリーヌディオンについて、もう何も言うまでもないですが、
個人の意見として、彼女の最高傑作だと言いたい。
特にリリックが心に響く。今のボクに。

「さぁ、自分ならどうする」

posted by KATAYAMAC at 01:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | Music

08/02/13

■ スノーマンをつくりたがる男の子

前日のエントリーの「あの子」というのは、数週間前に本屋で出会った男の子のことです。
この出来事は、今後いい思い出として残しておきたいので、ちょっとエッセイ風味で書いてみようかな?

あの日は昼過ぎに目が覚め、カーテンを開けると眩し過ぎるほどの太陽光線が、熱を帯びずに部屋の中に入り込んでくるような昼下がりだった。外は意外に寒いだろうし、このまま部屋でのんびりテレビ三昧を決め込むのもアリだと考えたが、本屋へ行きたいことを思い出し、重い腰をあげて寒い中、自転車で10分くらいで着ける行きつけの本屋へ向かった。
この本屋は3階建てのちょっと大きな造りの本屋で、建物自体が古く、間取りが変わった構成になっている。だいたいの本屋さんはワンフロアーをいくつかの本棚で仕切ってカテゴリー分けをしているが、ココは間取りや段差で構成するといった具合だ。うまく伝えることができない自分が歯がゆいが、とにかくココの本屋は好きで良く行く。

1階には「児童書コーナー」という絵本とかがたくさん置いてある子供専用の部屋がある。ボクはその部屋の近くで建築にまつわる本を見つけ(タイトルは忘れてしまった)、さも建築に詳しいような顔をして読んでいた。

たぶん10分ぐらい読んでいたように思う。少し立ち読みが疲れてきた頃、ふと横を見ると小さな男の子が児童書コーナーから飛び出してきた。「やれやれ、本屋で走っちゃいけないよ」と内心思いながらまた本を読もうとすると、その男の子が「雪ダルマ作ってあげよっか?」と、その部屋の奥にいる誰かと大声で話している。すると母親らしき人が「こっちに来なさい!」とその子を叱りつけるように言っているが、その部屋から出ようとしない。たぶんもう一人お子さんがいて手が離せないようだ。
「雪ダルマかぁ」と脳裏をかすめ、その子が持っている絵本を見ると「スノーマン」をしっかりと握りしめていた。ボクが大好きな話だ。「へぇ〜」とその子の顔を見たら目が合ってしまい、お互い気まずい雰囲気になった。するとたぶん本屋ではしゃいだ事がまずかったと思ったのだろうか、それともおじさんに睨まれて(睨んではいないが)間が悪くなったのか、ボクの方へそろそろと近付いてきて「雪ダルマ作ってあげよっか?」とボクに向かって言ってきた。「おっちゃんにはいいや」とその子の目線までおりて言うと「雪ダルマつくれるよ!」とまだ言ってくる。「すごいね〜」と応えてあげるとうれしそうに笑顔で「今度作ったの見せてあげる!」と言って元気よく走り去っていった。

でも最近、この辺りで雪が積もったという記憶がほとんどない。積もっても雪ダルマが作れるほど積もるのは郊外ではあったが、都心部ではなかったと記憶している。だからあの子には可哀想だが今年はスノーマンの話のように自宅の前に雪ダルマを作るのは難しいだろうなと思っていた。

そしてこの出来事を忘れかけていた日、またあの日と同じようにカーテンを開けると銀色の世界が広がっていた。「うわ〜スゲ〜」と思わず声が出てしまった。前日にテレビやネットで天気予報を見ていなかったので、驚きは倍増した。

この雪景色を見て、あの時の「今度作ったの見せてあげる!」という言葉が浮かび、なぜか約束を守ってくれたんだと勝手に解釈した。雪ダルマではないけれど、あの男の子に雪を見せてもらっている気分になったのだ…。本当にキレイだった。「これから元気にスノーマンを作って、あの時ボクに見せてくれたあの笑顔で、うれしそうに母親に見せるんだろうなぁ。」と、思いを馳せながら見る雪景色は格別で、とても幸せな気持ちになった。


* * *


この本屋というのは「正文館本店」のことです。
Webサイトはこちら↓
http://www.shobunkanshoten.co.jp/honnten/honten.htm

そして「スノーマン」。いい話だ。
この空を飛ぶシーンでいつも泣いてしまう。



"The Snowman" - "Walking in the Air"

posted by KATAYAMAC at 05:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | Essay

08/02/10

■ Present

本当に雪が降った。
あの子からのプレゼントなのかもしれない。
すごくキレイだ。

なんかマウスの持ち方が悪いのか、座り方が悪いのかわかないけど、右脇の下あたりに違和感が。ちょっとつってるような感覚。
Macの前に居過ぎなのかもしれないなぁ。明日は散歩でもしてみよう。残り雪のシャシンでも撮りながら。
posted by KATAYAMAC at 01:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary

08/02/07

■ 引くことの大事さ


Sade - Cherish The Day (1992)

またまた懐かしのヒットソングになってますが、Sadeも大好き。
急にシャーデーが聞きたくなり、「Loves Rock」と「Love Deluxe」「Best Of Sade」3枚のCDを持っているのですが、YouTubeにUPされてるだろうと検索してみたらいっぱいあるある。好きな方は沢山いるんだなぁと。というかオレ世代だったら超有名だもんね。今でも夜の似合うオサレな店でかかってそう。いや最近オサレな店に行ってないから知らない。ナハハ。

このPVは当時見たことなかったのですが、もうメチャカックイイ。
研ぎすまされたサウンド、官能的な哀愁、クールだけではないハスキーボイス、そして流行に合わせない独特なスタイル。彼等ほど音楽に対して「引くことの大事さ」を知っているR&Bがあるのだろうか?と思うくらいに。。。もういくらでも褒め言葉がでてくる。
それとこのPVでSade Adu自身がカックイイのもありますが、女性にギターを持たせちゃヤバイです。ヤバ過ぎます。キレイなねぇちゃんがギター弾いたら即惚れちゃいますね。。。またまたやっちゃったかな?
posted by KATAYAMAC at 21:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | Music

08/02/06

■ Flash設置

トップ画像にFlashを置いてみたが、これが結構手間どってしまった。
これは「Promemoria Project」さんで配布されている「Untitled...」というフリー素材なのですが、このフォトアルバムのシンプルさに惹かれて、トップに置こうと軽く思っていたらなかなか大変。いやseesaaというかブログに設置するのが大変だった。
これを設置した方や、これからブログに設置しようと考えている方ならわかる話なのですが、この中にある「data.txt」や「untitled.swf」、あとこれを見せる画像「xx.jpg」を、設置したいページの「.html」と違うディレクトリにしたらxmlが動かないことに気付いていなかったため、「XMLの読み込みに失敗しました」と表示されていて、どうしたらいいものか途方にくれていた。
もうずっと「なんでやねん!」の繰り返し。
またまたseesaaブログ使用者の方しかわからない話になるけども、seesaaの場合、記事とかブログ画像とか30ぐらいの「コンテンツ」というカテゴリ分けになっているんだけども、その中に「自由形式」というなんでもいれられる項目があって、この中に「data.txt」「untitled.swf」「xx.jpg」のみを入れて動かそうとしていた。
でも「あれ?ローカルでのディレクトリ構造とhtmlの場所が違うよなぁ」ということに気付くのにかなりの時間がかかってしまった。でもどうやったらローカルと同じ構造になるんだろ?と思い、この「Untitled...」にあるQ&Aを見ていたら、こんな記事を発見。
http://www.1000leaves.jp/Cgi-bin/1kleaves/untitled_bbs/patio.cgi?mode=past&no=34
なるほどインラインフレームを使えばいいのか。と思って設置してみたら、簡単にできました。こういうのってわかれば簡単なんですよね。

「Promemoria Project」
http://www.1000leaves.jp/
ボクが使用したのは800px × 600pxですが、いろんなサイズがあるのもウレシイ。
あとコメントが書けるポラロイド型もあったりと、センスの良いものを配布していらっしゃいます。

* * *

しかし今回のエントリーは、seesaa使用者でUntitled...を設置しようとしている方に向けた、ターゲットをピンポイントに絞った記事だなぁ。
あ、そうだ。このトップ画像はクリックすると次々とシャシンが見れますです。現在4枚のみ。このサイトのカラー、ブルーを意識したシャシンのみをアップしていく予定です。あと、一番上の黒帯部分右側にある「MAIN」はまだ作成中なのでジャンプしません。近日中に公開予定です。ペコリ。
posted by KATAYAMAC at 02:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。